2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

第69話 バラバラの名前
2006年46号掲載/5巻69話 (文責:モグラ)
(タイトル) バラバラの名前
 
● 小説「薔薇の名前」(ウンベルト・エーコ)
 
 
女生徒:「生徒の活字離れが深刻です 図書の貸し出し件数も減少の一途・・・・」
 集え同志 きら革命 単独集会 M@ST つんく
 鬱くしい●
 
● 漫画「デスノート」(大場つぐみ/小畑健)
● アニメ「きらりんレボリューション」(テレビ東京)
 アイドルグループ「モーニング娘。」のメンバーが声優をつとめている。
 
● 音楽プロデューサー「つんく」
 アイドルグループ「モーニング娘。」のプロデューサーでもある。
 
● アイドル育成ゲーム「THE iDOLM@STER」
● 本「美しい国」(安部晋三)
 
 
女生徒:「読書週間だというのにこの惨状 何とかもっと本を読んでもらう方法はないでしょうか
      先生 何かご意見は?」
糸色:「え」
 田中田フチオ 、 バカ● パパ本名
 日ハム 佐々● 冬コ●
 まさおくん引退
 壱経新聞
 
※ 本棚の後ろに皇帝ペンギンが隠れている。
 

● 漫画「天才バカボン」(赤塚不二夫)
 バカボンのパパの本名は”田中田フチオ”であり、昭和元年元日のクリスマスの夜に生まれたという
 設定になっている。
 
● プロ野球選手「佐々木貴賀」(北海道日本ハムファイターズ)
 趣味はイラスト書き。鎌ヶ谷球場で配られる広報誌「梨に向かって打て」に掲載されたこともある。
 少女漫画風の絵が得意で投げる同人作家と呼ばれている。
 
● テレビ番組「ペット大集合!ポチたま」(テレビ東京)
 日本全国を旅するラブラドール・レトリバー”まさお君”のコーナーが人気であり、6年間続いていた
 が、2006年9月の旅を最後に息子の”だいすけ君”に交代することとなった。
 
● 新聞「日経新聞」、「産経新聞」のもじり
 
 
糸色:「本のタイトルも返上なさってはどうですか」
 王者タイトル返上へ
 国民的美● 今後あらゆる分野で活躍が期待される。果たして丹丹たんと呼んでいいのだろうか。
 YATで安心 ダイスK氏
 愛国戦隊政権発足
 
● ?
● タレント「林丹丹」
 2006年の国民的美少女コンテストでグランプリに輝いた。
 
● テレビアニメ「YAT安心!宇宙旅行」(NHK)
● 俳優、映画監督「ダイスK」
● アマチュア特撮「愛国戦隊政権発足」(庵野秀明)+2006年発足の安部政権
 
 
糸色:「アメリカサイコー WBCサイコー うちの爺さんサイコーってだらだら書いただけの「美しい国へ」だとか!
     どう読んでもそこそこ中流のことなのに「下流社会」だとか!」
 
● 本「美しい国」(安部晋三)
● 本「下流社会 新たなる階層集団の出現」(三浦展)
 
 
久藤:「ああ たしかに内容と題名が合ってない本ってありますよね」
糸色:「タイトルを返上して内容に添ったタイトルをつけ直してはどうでしょう」
 南国アイス 、 糸色寄贈 石ころ 、 ●技林
 
● 漫画「南国アイスホッケー部」(久米田康治)
● 漫画「さよなら絶望先生」(久米田康治)の第15話に出てきた糸色先生の言う同人誌”石ころ”
● 本「大技林」
 ゲームの攻略や裏技の本
 
 
糸色:「たとえばこの本のタイトル まず世界の中心がどこかって話じゃないですか」
 姉ハ 建築 、 サンデー 、 マガジン
 世界の中心で愛をば叫ぶ 泣いた記憶がある ●崎
 
● 一級建築技師「姉歯」氏
 耐震構造を偽造した問題で話題となった。
 
● 少年誌「少年サンデー」、「少年マガジン」
● 本→映画化「世界の中心で愛をさけぶ」(片山恭一)
 映画は柴崎コウが主演をつとめた。
 
 
糸色:「たしかに読み進めていけばなるほどと思うようなタイトルでも いきなり言われると戸惑ってしまいます」
 ●なギャングが地球を● 、 どこに消えた
 赤と黒 、 愛と幻想のファシズ● 、 ●と罰
 マーフィーの法● 、 冷静と情熱の● 、 東海道中膝栗毛
 
● 本「陽気なギャングが地球を回す」(伊坂幸太郎)
● 本「食卓文明論 チャブ台はどこに消えた」(石毛直道)
● 本「赤と黒」(スタンダール)
● 本「愛と幻想のファシズム」(村上龍)
● 本「罪と罰」(ドストエフスキー)
● 本「マーフィーの法則 現代アメリカの知性」(アーサー・ブロック)
● 本「冷静と情熱のあいだ」(江國香織)
● 本「東海道中膝栗毛」(十返舎一九)
 
 
女生徒:「たしかに「涼風」は涼風の話以外の何物でもないですけど」
糸色:「思いきってここの本たちもわかりやすいタイトルに変えてみてはどうでしょう」
 
● 漫画「涼風」(瀬尾公治)
 

※ 麻生外務大臣がローゼンメイデンを読んでいる
 
 
女生徒:「本のタイトルを変えるなんて作者に対する冒涜ですよ!」
糸色:「はたしてそうですかね この本のタイトルの由来って知ってます?」
 ハヤ● 、 彼岸過迄 夏目漱石 、 我輩は猫である
 
● 漫画「ハヤテのごとく!」(畑健二郎)
● 小説「彼岸過迄」(夏目漱石)
● 小説「我輩は猫である」(夏目漱石)
 
 
糸色:「「先生 連載を彼岸過迄お願いします」って編集に言われたから付けたんですって」
 もっくん
 
● テレビ番組「夏目家の食卓」(TBS)
 主役の夏目漱石役を本木雅弘(もっくん)がつとめた
 
 
木野:「それは面白そうですね 先生」
糸色:「木野くん」
 デスノート 、 完全自殺マニュアル 、 カラタカ FC
 
● 漫画「デスノート」(大場つぐみ/小畑健)
● 本「完全自殺マニュアル」(鶴見済)
● ゲーム「カラテカ」(ファミコン)
 闘う際にまず礼をしないと敵の攻撃が当たっただけで殺されてしまう超難易モードとなる。
 

※ 久藤=本屋「ジュンク堂」に対して木野=本屋「紀伊国屋」と思われる。
 
 
久藤:「たしかに少し面白そうだねえ」
女生徒:「ちょっとぉ!久藤くんまで」
 汚典 、 山壱
 
● 山一證券
 旧4大証券会社の1つであったが、経営状態が悪化してしまい平成11年に自己破産を申請した。
 
 
(ゴゴゴゴゴゴ)
 甘利 、 麻生
 
● 自由民主党 衆議院議員「甘利明」、「麻生太郎」
 
 
糸色:「ええと じゃあコレを」
 蹴りたき背中 綿矢りき
 矢楽園
 
● 小説「蹴りたい背中」(綿矢りさ)
● 小説「失楽園」(渡辺淳一)
 
 
木野:「先生次を?」
糸色:「ああ じゃあコレとコレとコレー
     しかし木野くんのはぜんぶライトノベルズみたいなタイトルですね!」
 DEEP LOVE
 
● 本「DEEP LOVE」シリーズ(Yoshi)
 

※ 木村かえれさんのパンチラシーンが描かれている
 
 
糸色:「ああ・・・・ひどい もう申し訳なくて原題が明かせません!」
 人間死滅 、 出口のない落ち
 ロ・離婚 、 ロリコン父さんの憂鬱
 福岡@占領 、 日朝戦争
 エンコー日記 、 そんな時代・・・・
 さおだけ屋は二度帳簿をつける 、 設置代
 翔んだ ブシドー 、 新橋ガード下の上司の愚痴
 
● 小説「出口のない海」(横山秀夫)
● 小説「グランド・フィナーレ」(阿部和重)
● 小説「半島を出よ」(村上龍)
● 小説「DEEP LOVE」シリーズ(Yoshi)
● 本:「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?身近な疑問からはじめる会計学」(山田真哉)
● 本:「国家の品格」(藤原正彦)
 
 
木野:「さあどちらのつけた新タイトルが読者を惹き付け貸し出されるか勝負だ!」
 ぱふ 、 犬死 (他は既出)
 
● 漫画情報誌「ぱふ」
● ?
 
 
木野:「久藤と決着させろぉ!」
糸色:「なんで彼はあんなに勝負したがるんですか?文科系の戦闘民族ですかね」
 全座連
 
※ 小森さんは「全国座敷童連盟(全座連)」の正式会員である座敷童という設定である
 
 
糸色:「どうしても勝負したいというのなら 場所を変えましょう」
 TATSUYA 、 326
 セパあなごさん 、 DSライト品切レ 、 実写禅太
 逆境9 、 バトルサンダー 、 転校生
 イース 、 おねえちゃんバラ おねえちゃんプルゥ
 がりさん 、 スウィートホーム ゲーム版入荷
 
● レンタルビデオショップ「TSUTAYA」
● イラストレーター「326(ナカムラミツル)」
● 声優「若本規夫」
 アニメ「サザエさん」のあなごさん役やアニメ「ドラゴンボールZ」のセル役をつとめる。
 
● ゲーム機「Nintendo DSライト」
● ?
● 漫画→アニメ化「逆境ナイン」(島本和彦)
● 漫画→アニメ化「バトルサンダー」(島本和彦)
● 漫画→アニメ化「炎の転校生」(島本和彦)
 
● ゲーム「イース」シリーズ
● ゲーム「The お姉チャンバラ」(PS2)
● ゲーム「The お姉チャンプルゥ」(PS2)
 「The お姉チャンバラ」の続編で製品情報では「セクシー&バイオレンス&ホラー」となって
 いるが、局部モロ見えだという記事が次々に出て回収されたためか、現在では入手困難と
 なっている様子。
 
● ?
● 映画→ファミコンゲーム化「スウィートホーム」(監督:黒澤明)
 
 
糸色:「映画の題名でいうなら「猟奇的な彼女」はせいぜい「暴力的な女」だし
    「モーターサイクルダイアリーズ」は最初の30分でバイクが壊れて残りずっと徒歩ですよ」
 DREAM CATC● 、 バス男 、 喜劇王
 初恋 、 SUKIYAK● 、 僕の世界の中心は君
 
● 映画「猟奇的な彼女」(チョン・ジヒョン主演)
● 映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」(ガエル・ガルシア・ベルナル主演)
● 映画「バス男」(ジョン・ヘダー主演)
● 映画「喜劇王」(チャウ・シンチー主演)
● 映画「初恋」(中原みすず主演)
● 映画「Sukiyaki & Chips」
● 映画「僕の、世界の中心は、君だ。」(チャ・テヒョン主演)
 
 
糸色:「音楽で言うとこの「ロビンソン」て曲 すごくいい曲なんですけど
     タイトルに偽りありですよ どこにもロビンソン氏が出て来ないんですよ!」
女生徒:「いいでしょう!別に出て来なくとも!」
 脳トレ
 
● 歌「ロビンソン」(スピッツ)
● ゲーム「脳を鍛える大人のDSトレーニング」(NintendoDS)
 
 
糸色:「看板に偽りありなのは変えないと!」
 ● 東京1週間 → 東京2週間
 ● ドラゴンクエスト2 → ハーゴンクエスト1
 ● Dr.コトー2006 → ナースあおい優
 ● 涙そうそう → コントみゆき
 ● 四月の雪 → 春のソナタ
 ● フロークバックマウンテン → ホ●ホ●山の秘密
 ● CASSERN → 宇多田ヒカルPV
 ● 恋愛寫眞 → アメリカは銃社会
 ● まぼろしの湖 → 泡姫、宇宙へ
 
● 雑誌「TOKYO1週間」 隔週で発売される
● ゲーム「ドラゴンクエスト2」(ファミコン)
● 漫画→テレビドラマ「Dr.コトー2006」(フジテレビ)
  漫画→テレビドラマ「Ns.あおい」(フジテレビ)
 
● 映画「涙そうそう」
 主演女優はあだち充原作の「タッチ」で主演した長澤ますみであり、内容的にもあだち充作の
 「みゆき」に似ている。 
 
● 韓国映画「四月の雪」(主演:ペ・ヨンジュン)
  韓国ドラマ「冬のソナタ」(主演:ペ・ヨンジュン)
 
● 映画「ブロークバック・マウンテン」(アン・リー監督)
● 映画「CASSHERN」(監督:紀里谷和明)
 歌手「宇多田ひかる」の夫の初監督作品でもあり、主題歌は宇多田ひかるが歌っている。
 
● 映画「恋愛寫眞」(監督:堤幸彦)
●映画「幻の湖」(橋本忍監督)
 東宝の50周年記念映画。黒澤作品の脚本を手がけた氏の橋本忍初監督作品ということで大変
 注目が集まったが・・・ビデオ化すらもされなかった幻の大失敗作。あらすじは犬とジョギングす
 るのが生きがいであった主人公(ソープ嬢)が、殺された犬の復讐をするというのが大筋なのだ
 けど、そこから戦国時代、果てはスペース・シャトルやらの宇宙へとスケールアップする迷映画
 
 
糸色:「妊婦の腹部を圧迫して出産を促進するちょっと強引な医療行為をクリステルという
     聡明な滝川クリステルのお名前の立場は!?」
 
● 女性アナウンサー「滝川クリステル」
 
 
糸色:「名前に偽りありですよ!」
 ● FC調布のはずなのにFC東京(ガンバ吹田のはずなのにガンバ大阪)
 ● 嫁を愛しているのにHG
 ● デビュー作なのに「晩年」
 ● AKB48なのに48人もいない
 ● よゐこなのにゆうこりんに悪い事を
 
● サッカーJリーグチーム「FC東京」、「ガンバ大阪」
● お笑い芸人「レイザーレモンHG」
 HG(ハードゲイ)と名乗っていたが2006年8月にグラビアアイドル「鈴木杏奈」と結婚した
 
● 小説「晩年」(太宰治)
● 女性アイドルグループ「AKB48」(秋元康プロデュース)
 当初は1軍24名、2軍24名の48人を予定していたが、結局現在はチームA20人とチームK16人の
 計36人からなる。
 
● お笑いコンビ「よゐこ」
 コンビの一人「濱口優」とアイドル「小倉優子」の交際が発覚した。
 
 
可符香:「全て名前の通りの内容に決まってます
      さらに言うなら語感のイメージ通りの中身ですよ」
 トップキャスター ディレクターカット版
 出来事BEST
 
● テレビドラマ「トップキャスター」(フジテレビ)
● テレビ番組「今日の出来事」(日本テレビ)
 櫻井よしこ氏も一時キャスターをつとめた。
 

※ 櫻井よしこの顔写真が描かれている
 
 
可符香:「有栖川有栖はきっとこんな素敵な少女ですよ!」
 ロココ
 
● 推理小説作家「有栖川有栖」
 男性である。
 
 
木津:「なぜ、私を、こういった重要な会議に呼ばないの!?」
糸色:「え・・・・いや別に会議じゃないですが」
 盗まれて
 
● DVD海賊版撲滅キャンペーンのCMの一節「感動が盗まれている」
 

※ 糸色先生の背後に常月まといさんがいる
 
 
木津:「さよなら絶望先生ーっ!!」
関内:「「夜回り先生」って最初Hな本かと思ったヨ」」
 
● 本「夜回り先生」(水谷修)
 

※ 上のコマでは狼にまぎれて棒をつっこまれた犬がいる。
  左下のコマでは空を赤ん坊を運ぶコウノトリが飛んでいる。
 
 

前の話の解析を見る
次の話の解析を見る
7集に戻る

このページの素材はゆとりWebオリジナルのものです。
     
さよなら絶望先生サイトとしてゆとりWebにリンクを貼る時は、このバナーを使用して頂いてもOKです。
バナーを作成していただいた<HD>かぷちりおさんありがとうございました!