2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

第53話 あれ、不可よ。原作があるじゃないかね
2006年28号掲載/6巻3話 (文責:モグラ)
(タイトル)あれ、不可よ。原作があるじゃないかね
 
● 小説「高野聖」(泉鏡花) の一説”あれ、不可ないよ。お客様があるじゃないかね。”
 
 
映画祭 in 小石川
CINEMA SCOPE 日本立て 、 ヲデオン座 、 千代田沈没
大怪獣バラン 、 女真珠王の復讐 、 ワダ・ピンチコード
 
● 映画館「横浜日劇」
 かっては”横浜の象徴”とまで言われた横浜市中区にある元映画館。「CINEMA SCOPE」の看板
 が有名であり、日本立て興行を長い間おこなっていた。興行不振のため2005年2月18日に閉館さ
 れ、現在はイベントスタジアムとして使用されている。
 
● 映画館「ヲデオン座」
 横浜伊勢佐木町に作られた日本初の洋画封切映画館「ヲデオン座」。
 
● 映画「日本沈没」(監督:森谷司郎)
● 映画「大怪獣バラン」(東宝)
● 映画「女真珠王の復讐」(新東宝)
● 小説→映画化「ダ・ヴィンチ・コード」+(時事ネタ)画家「和田義彦」の盗作疑惑
 和田義彦氏は2002年に第25回安田火災東郷青児美術館大賞を受賞するなど、日本で活躍して
 いた画家。2006年5月に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した作品が、ローマ在住の画家「アルベ
 ルト・スギ」の作品と酷似しているという匿名の指摘がきっかけとなり、これまでの作品のほとんど
 がスギ氏の絵と構図、配置、色遣いまでそっくりであることが発覚した。
 
 
日塔:「なんかつまんない映画だったね」
木津:「話も単調。キャラも平凡。」
監督:「でも原作通りだから!」
 正1正2 、 ●国物語 、 感動ガ盗マレテイル
 
● 漫才コンビ「ポップコーン」 正一、正二
● 本→映画化「ナルニア国物語」
 
● DVD海賊版撲滅キャンベーンのCMの台詞「感動が盗まれている」
 
※ 座席に皇帝ペンギンがいる。
 
 
糸色:「危ないところでした カントク」
監督:「本当だよ」
 ホッピー
 
● ノンアルコールビール「Hoppy(ホッピー)」(ホッピービバレッジ株式会社)
 
 
糸色:「実に多くのカントクや制作者がこの通りを逃げていったのです」
 パーティのバランス悪くない?
 明るい所で戦いすぎじゃない?
 
● 映画「ロード・オブ・ザ・リング」(監督:ピーター・ジャクソン)
● 映画「ナルニア国物語」(監督:アンドリュー・アダムソン)
 
 
監督:「原作より面白かったら原作者に失礼だろが!」
日塔:「原作通りという名の逃げ道ねえ」
 スウィート Game ●● 、 下車 、 母をたす●三千●
 マディンソ郡の橋 、 ●テニ●ミュー 、 ●ウエスト●トパーク
 ドリームキャッチ 、 ポーラーEXP 、 BAR ホワイトアウト 、 理由
 
● 映画「スウィートホーム」(監督:黒沢清)→ファミコンゲーム化
● 小説「火車」(宮部みゆき)→映画化
● 世界名作劇場「母をたずねて三千里」→アニメ映画化
● 小説「マディソン郡の橋」(ロバート・ジェームズ・ウォラー)→映画化
● 漫画「テニスの王子様」(許斐剛)→ミュージカル化
 
● 小説「池袋ウエストゲートパーク(通称:IWGP)」(石田衣良)→テレビドラマ化
● 小説「ドリームキャッチャー」(スティーヴン・キング)→映画化
● 絵本「急行『北極号』」(クリス・ヴァン・オールズバーグ)→アニメ映画化(ポーラー・エクスプレス)
● 小説「ホワイトアウト」(真保裕一)→映画化
● 小説「理由」(宮部みゆき)→映画化
 
 
監督:「原作通りから大きくはずれると大批判を浴びる事が多いのです!」
 ● 八神母の見た目が若くないうえ魔女・・・・業界の事情?
 ● クールで意地悪な天才がただのムッツリスケベに
 ● いいひとがニヤニヤするだけの気持ち悪い人に
 ● 漂流教室がなぜかインターナショナルスクール
 ● 中間管理職の課長役なのにビッグな男が演じる
 ● 殺し合いゲームから逃れた主人公が続編でテロリスト化
 ● 上●樹理が●●化!−夏公開
 
● 漫画「八神くんの家庭の事情」(楠桂)→テレビドラマ化
 「異常に若く見える母親」というプロットの漫画であるが、ドラマで母親役を演じたのが40歳過ぎの
 夏木マリであった。また、原作にはなかった「実は魔女」という設定が加わり、原作ファンからの批
 判が相次いだ。結局、作者が「自分はドラマ版には関与していない」といい、原作→原案とテロップ
 も変わった。
 
● 漫画「イタズラなKiss」(多田かおる)→テレビドラマ化
 主人公はクールで意地悪な天才少年という設定であり柏原崇が演じた。
 
● 漫画「いいひと」(高橋しん)→テレビドラマ化
 独特のテンポと考え方が面白いいいひと(主人公)役を草薙剛が演じた。
 
● 漫画「漂流教室」(楳図かずお)→テレビドラマ化
 原作と異なり舞台がインターナショナルスクールになるなど全く原作と違うストーリーであった。
 
● 漫画「課長島耕作」(弘兼憲史)→テレビドラマ・映画化
 映画版では「オレはビッグだから」発言で有名な田原俊彦が主演を演じた。
 
● 小説「バトル・ロワイヤル」(高見広春)→映画化
 映画「バトル・ロワイヤル」で生き延びた七原秋也(役:藤原竜也)が「バトル・ロワイヤルU鎮魂歌」
 ではテロリストとなっていた。
 
● 漫画「笑う大天使」(川原泉)→映画化
 主人公の司城史緒役を上野樹理が演じる。2006年夏に公開予定。
 
 
糸色:「・・・・確かに原作通りだと無理なときもありますね 大変な事に・・・・」
 ● 広末が小学生のうえ秘密であんなことを。
 ● 心配性のお父さんが国分太一くんを血まみれに。
 ● 洋菓子店の話なのに藤木直人が阿部寛を襲っちゃう。
 ● 瀬戸朝香が東京大学で大変なことに。
 ● 封神演義で肉を・・・・。
 
● 小説「秘密」(東野圭吾)→映画化
 ヒロイン「藻奈美(役:広末涼子)」は原作では小学生だが、映画では高校生に変わっていた。
 
● 漫画「お父さんは心配性」(岡田あーみん)→テレビドラマ化
 心配性のお父さんが娘の彼氏を毎回ボコボコにするというストーリー。彼氏役を国分太一が
 つとめ、ドラマ版ではおさえ気味になっていた。
 
● 漫画「西洋骨董洋菓子店」(よしながふみ)→テレビドラマ化
 主人公の小野裕介は原作ではゲイであったがドラマ版ではゲイと誤解されていただけとなって
 いる。主人公役は藤木直人が演じ、ギャルソン役を阿部寛が演じた。
 
● 漫画「東京大学物語」(江川達也)→テレビドラマ化
 原作の漫画はHシーンなど主人公の妄想話も多く、原作通りのドラマ仕立てにすると問題とな
 ってしまうため改変されていた。ヒロイン役を演じたのが瀬戸朝香である。
 
● 小説「封神演義」(安能務)→漫画化(藤崎竜)→テレビアニメ化
 伯邑孝がハンバーグにされる場面がアニメでは変更された。
 
 
糸色:「原作通りだから仕方ない」
日塔:「捏造するな!」
 
※ 次のコマの家中に木村カエレさんのパンチラが、道には漫画「かってに改蔵」(久米田康治)の
  地丹くんが走っている姿が描かれている。
 
 
糸色:「他にも この町にはたくさんの逃げ道があります」
 その● コダマ清
 
● タレント「児玉清」
 クイズ番組「アタック25」(朝日放送)で司会をしている。
 解答者が正解したときに「その通り!」というのが有名。
 
 
糸色:「ジーコの指示通りやったんだから仕方ないでしょうという選手の逃げ道です」
小節:「ジーコさんは特に指示なんて出してないのでは」
 ジーコの指示通り ツネ様専用
 
●(時事ネタ)
 2006年サッカーワールドカップで日本はグループリーグ初戦を3-1で敗北してしまった。
 日本代表チームの監督はアルツール・アンツネス・コインブラ(通称:ジーコ)、キャプテン
 は宮本恒靖選手である。
 
 
可符香:「ちなみに前回はこの通りが使われました サッカー協会すらこの逃げ道を使ったものです」
 トルシエの戦術通り 、 前園さんの言う通り
 
●(時事ネタ)
 2002年サッカーワールドカップで日本が決勝リーグ初戦のトルコ戦で1-0で敗北した。
 この際の日本代表チーム監督がフィリップ・トルシエ、キャプテンが前園真聖選手であった。
 
 
日塔:「あ・・・・ヨシズミが逃げてるこの通りは」
ヨシズミ:「仕方ねーだろ はずれても!」
 気象庁の予報通り
 
● 俳優「石原良純」
 1997年に気象予報士の資格をとりテレビ番組「FNNスーパーニュース」(フジテレビ)でお天気
 キャスターを勤める。世間から「よくはずれる」と揶揄されるが、バラエティ番組などで言われる
 と本人はかなり反論する。
 
 
木津:「税金の無駄使いは、やめなさい!」
男:「仕方ないだろ!30年も前に決まってるんだから!」
 当初の計画通り 矢島工務店
 
● 漫画「サラリーマン金太郎」(本宮ひろ志) 主人公”矢島金太郎”
 
 
糸色:「その他にもこんな逃げ道があるのです!」
 編集の言う通り 漫画家の逃げ道
 総理のおっしゃる通り 太蔵の逃げ道
 事務所の言う通り 藤●直人の逃げ道(ギャルサー)
 
● 新人衆議院議員「杉村太蔵」(自由民主党)
● 俳優「藤木直人」
 2006年4月より放映の新番組「ギャルサー」(日本テレビ)で主演を演じた。
 知性派俳優という印象の役柄が多かったが、今回はカウボーイ役と新しいイメージ役となった。
 
 
可符香:「通り魔にご用心!!」
 マニフェスト通り 永田議員
 早稲田通り K大生
 遺言通り とおいしんせき
 サ●エさん通り
 
● 政権公約をマニフェストという。
  「永田寿康」民主党議員
 
● 早稲田大学と慶応大学とが仲が悪いので有名。
 
※ 桜新町商店街振興組合が音頭をとって東急田園都市線の桜新町駅から国道246号とつながる
  「中通り」が1987年に「サザエさん通り」と改称された。
 
 

前の話の解析を見る
次の話の解析を見る
6集に戻る

このページの素材はゆとりWebオリジナルのものです。
     
さよなら絶望先生サイトとしてゆとりWebにリンクを貼る時は、このバナーを使用して頂いてもOKです。
バナーを作成していただいた<HD>かぷちりおさんありがとうございました!