2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

第111話 一見の條件
2007年43号掲載/第12巻111話 (文責:モグラ)
(タイトル) 一見の條件
 
● 小説「人間の條件」(五味川純平)
 
 
(1コマ目)
 古典文学(コーリイ) 、 数学ターンA
 
● 絵本作家「エドワード・ゴーリー」
● アニメ「機動戦士ガンダムターンA」
 
 
木津:「ちょっと、何ですか、コレ・・・・!一限、全部、自習って!」
 人間失格 、 ナツコミ
 
● 小説「人間失格」(太宰治)
● 毎年夏になると文庫本に挟まれている「ナツコミ」と書かれた栞
 

※ 小説の裏表紙に当漫画の皇帝ペンギンが描かれている。
 
 
糸色:「せっかく京都に来たのだからたまの贅沢でもしますか」
 伊右衛門 、 つじり 、 八ツ橋 U子
 
● 緑茶「伊右衛門」
● 宇治茶の祇園辻利・茶寮都路里
● お菓子「つぶあん入り生八ツ橋 夕子」(井筒八ツ橋本舗)
 
 
糸色:「暗黙のルールのあるアイドルのコンサートとか!」
 17歳です
 
● 声優「井上喜久子」がラジオ番組にて永遠の17歳を自称したことをきっかけに、声優さんを中心
 に17歳を標榜する人々があらわれ17歳教などとも呼ばれている。
 
 
木津:「我々も、一見さまお断りになってやしませんか。」
 ● マイミク申請            ● 若者のクラブ
 ● 新宿ロフト              ● 公園の野宿
 ● 競争入札              ● 常連しかいない焼き鳥屋
 ● ファイブスター物語        ● 諸葛亮孔明
 ● 偉い大学病院           ● 24
 ● グインサーガ
 
● ソーシャルネットワークシステム「mixi(ミクシイ)」
 誰かに友人登録してもらえないと、mixiに入ることが出来ない。
 
● ・・・
● トーク専用ライブハウス「新宿ロフトプラスワン」
● ・・・
● 談合などのシステムのため一見では落とすことはできない。
● ・・・
 
● 漫画「ファイブスター物語」(永野護)
 ファンタジー歴史設定などがしっかりしており、連載も年単位でゆっくりとなされるなど、ファン以外
 の読者がつくのが難しい作品になっている。
 
● 「三顧の礼」の逸話にあるように、自身を登用しにきた劉備元徳が3回目にくるまで首をたてにふら
 なかった。
 
● ・・・
● 米ドラマ「24」シリーズ
● ファンタジー小説「グイン・サーガ」(栗本薫)
 
 
一見:「普通だからか!」
 
※ フリージャーナリスト「櫻井よしこ」氏の顔写真がかかっている。
 
 
一見:「もしかしてだからきっちり真ん中分け!」
糸色:「耐えてください 木津さん」
 
※ 棒をつっこまれた犬が歩いている。
 
 
一見:「婦女子ってあれだろBLとか好きなホラ 801ちゃんみたいな!」
藤吉:「はあ」
 
※ BLとはボーイズラブの略、801はやおい→や●い→801と変遷したやおいを指す言葉。
 
 
一見:「小森霧・・・・こもりきり 引きこもりでこもり切りだからか!」
 
※ 赤ん坊を運ぶコウノトリがふすまの絵になっている。
 
 
糸色倫:「お兄様 他にも一見のお客さまがお見えになりました」
 
※ 本を読む麻生外務大臣がいる。
※ チェ・ゲバラの顔写真が描かれたシャツを着た男がいる。
 
 
男:「ええっ!コレアニメになってんだ!」
小節:「ええ もう終わりましたけど」
男:「この漫画の時代設定って大正?」
 
※ アニメ「さよなら絶望先生」は第12話をもって先週に放映終了した。
 
 
百見:「おおっ これはキャスバルの絵だよねえ!」
糸色:「百見さま本当にお詳しい」
 
● アニメ版のさよなら絶望先生にて、藤吉さんが読んでる本の表紙にキャスバルの絵が使われた。
 
 
可符香:「他の百見さまもお見えになりました」
 
※ 木村カエレさんのパンチラシーンが描かれている。
 
 
男:「本当に渋谷にブラ買いに行ってたよね
 
※ 第109話にて音無さんが渋谷でブラを買っているシーンが描かれている。
 
 
さあ・・・どんな?
どんなオチ?
どんなオチ?
 
● DVD海賊版撲滅キャンペーンのCMの一節「感動が盗まれている」
 
 
小森:「一見さんも百見さんもまた来てね」
 AAA
●(時事ネタ)
 音楽グループ「AAA(トリプルエー)」がアメリカの岩場に「AAA」と文字をペイントしたことをブログ
 に報告し、ネットユーザーから批判が相次いだ。
 
 

前の話の解析を見る
次の話の解析を見る
12集に戻る

このページの素材はゆとりWebオリジナルのものです。
     
さよなら絶望先生サイトとしてゆとりWebにリンクを貼る時は、このバナーを使用して頂いてもOKです。
バナーを作成していただいた<HD>かぷちりおさんありがとうございました!