2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

第8集 二十四の瞳
2006年48号〜2007年8号掲載 (文責:モグラ)

巻数 通算 掲載 題名
8集 71 71話 48 義務と兵隊
72 72話 49 数と共に去りぬ
73 73話 50 七五三四郎
74 74話 52 十七歳ね、
自分のシワをつかんで見たくない?
75 75話 01 風邪の又三郎
76 76話 02、03 天平のいらね
77 77話 4・5 亀の詐欺にて
78 78話 6 或る女役
79 79話 7 碁石を飲んだ赤ちゃん
80 80話 8 狭くない門
 
   
前巻までのあらすじ
リアディゾンの一言で、開催決まった西荻窪国際映画祭。
突如「ここはキネマの天地」と言い張る輩に、(中略)
まんまとハニートラップを仕掛けられ、宇野千代に心酔の(中略)
その時「カーット」の一声で、アメリカンポリス姿の水野晴郎先生登場。
 
● タレント・モデル「リアディゾン」
● エッセイ&漫画「西荻窪キネマ銀光座」(角田光代/三好銀)
 

※ ハニートラップとは女性スパイが対象男性を誘惑し、性的関係を利用して懐柔・脅迫する方法。
 

● 小説家「宇野千代」
● 映画評論家「水野晴郎」
 
 

※ 棒をつっこまれた犬が映画シーンにいる。
 
 
ー絶望文学集ー
24のhitomi
島谷さんに黒木さん。矢井田さんに金原さん。
真中さんに吉澤さんに、まんまhitomiさん。
(中略)
もう吉澤さんだけが頼りです。あなたの瞳は本当にきれいです。
クラスをまとめてください。「無理です。私、卒業ですから。」
 
● 小説「二十四の瞳」(壺井栄)
● 歌手「島谷ひとみ」
● 女優「黒木瞳」
● 歌手「矢井田瞳」
● 小説家「金原ひとみ」
 
● 女優「真中瞳」
● アイドルグループ「モーニング娘。」の「吉澤ひとみ」
 2007年5月に「モーニング娘。」より卒業した。
 
 

前の巻の解析を見る
次の巻の解析を見る

このページの素材はゆとりWebオリジナルのものです。
     
さよなら絶望先生サイトとしてゆとりWebにリンクを貼る時は、このバナーを使用して頂いてもOKです。
バナーを作成していただいた<HD>かぷちりおさんありがとうございました!