2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

第6集 金策寺
2006年26号〜35号掲載 (文責:モグラ)

巻数 通算 掲載 題名
6集 51 51話 26 波に乗ってくるポロロッカ
52 52話 27 あにいもうと、という前提で。
53 53話 28 あれ、不可よ。原作があるじゃないかね
54 54話 29 百万回言われた猫
55 55話 30 なんたる迷惑であることか!
56 56話 31 最早、末期を告げねばならぬ
57 57話 32 ゼロの特典
58 58話 33 限りなく惨敗に近いブルー
59 59話 34 世界の中心で愛を避ける
60 60話 35 銀の時差
    
   
前巻までのあらすじ
華の帝都でなぜか中高年に人気の霊媒師、望。
(中略)
「これはケムコのCGです。」
カルモチンを大量に飲めば治ります。
 
● ゲーム「サクラ大戦」シリーズ
● 株式会社ケムコ
 ゲームソフト及びゲーム機用周辺機器の販売を行う企業。
 
● 催眠鎮静剤「カルモチン」(武田薬品工業)
 市販の睡眠薬であり致死性は低い。自殺企図目的で太宰治氏などが大量服用した薬。
 

※ 掛け軸にDVD海賊版撲滅キャンペーンのCMの”目の絵”が描かれている。
 
 
ー絶望文学集ー
金策寺
 (前略)
 その火の粉が江川家の豪邸に・・・・「生きよう」と思った。
 
● 小説「金閣寺」(三島由紀夫)
● 漫画家「江川達也」氏の豪邸
 

※ 湖に皇帝ペンギンが顔をのぞかせている。
 
 

前の巻の解析を見る
次の巻の解析を見る

このページの素材はゆとりWebオリジナルのものです。
     
さよなら絶望先生サイトとしてゆとりWebにリンクを貼る時は、このバナーを使用して頂いてもOKです。
バナーを作成していただいた<HD>かぷちりおさんありがとうございました!