2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

第1集 逝国編
2005年22,23号〜31号掲載 (文責:モグラ)

巻数 通算 掲載 題名
1集 1 1話 22,23 さよなら絶望先生
2 2話 22,23 帰ってきた絶望先生
3 3話 24 トンネルを抜けると白かった。
4 4話 25 僕の前に人はいない僕の後ろに君はいる
5 5話 26 ヒジニモ負ケズ ヒザニモ負ケズ
6 6話 27 その国を飛び越して来い。
7 7話 28 アンテナ立ちぬ いざ生きめやも
8 8話 29 書をきちんと本棚にしまって町へ出よう
9 9話 30 僕たちは、どんなことがあっても、
一緒に固まっていなければ駄目だ。
10 10話 31 当組は問題の多い教室ですから、
どうかそこはご承知下さい。
 
   
前巻までのあらすじ
 ・・・マルチ健康食品会社・・・ ・・・宗教@ハマショー・・・
 ・・・デギンザビ似の教祖・・・ ・・・足摺岬の女学校・・・
 ・・・あだ名が意味不明の「左翼ゲリラ」。・・・
  
※ マルチ商法(マルチレベルマーケッティング)
 販売組織に加入した人が、次々に友人・知人を勧誘することでピラミッド式に会員を増やしながら
 商品などを販売する方式のこと。ある段階で破綻するシステムで、上層部が利益を上げれる形に
 なっている。法律により禁止されている販売方法である。

 
● 歌手「浜田省吾(通称ハマショー)」
● アニメ「機動戦士ガンダム」 ジオン公国のデギンザビ
● 四国最南端にある観光名所「足摺岬」
 その絶景で有名だが、同時に「死体のあがらない」自殺の名所としても有名。

 
※ 左翼ゲリラは国際的には南米(特にコロンビア)で有名
  最近ではペルーの日本大使公邸立てこもり事件などを起こしている。

 
 
ー絶望文学集ー
逝国
トンネルを抜けるとトンネルだった。
 
小説「雪国」(川端康成)
 ”国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。”
 
 

前の巻の解析を見る
次の巻の解析を見る

このページの素材はゆとりWebオリジナルのものです。
     
さよなら絶望先生サイトとしてゆとりWebにリンクを貼る時は、このバナーを使用して頂いてもOKです。
バナーを作成していただいた<HD>かぷちりおさんありがとうございました!