2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

巻数 通算 掲載 題名
1集 1 1話 22,23 さよなら絶望先生
2 2話 22,23 帰ってきた絶望先生
3 3話 24 トンネルを抜けると白かった。
4 4話 25 僕の前に人はいない僕の後ろに君はいる
5 5話 26 ヒジニモ負ケズ ヒザニモ負ケズ
6 6話 27 その国を飛び越して来い。
7 7話 28 アンテナ立ちぬ いざ生きめやも
8 8話 29 書をきちんと本棚にしまって町へ出よう
9 9話 30 僕たちは、どんなことがあっても、
一緒に固まっていなければ駄目だ。
10 10話 31 当組は問題の多い教室ですから、
どうかそこはご承知下さい。
  

巻数 通算 掲載 題名
2集 11 11話 32 今月今夜のこの月が
僕の涙で曇りますように。
12 12話 33 まだ開け初めし前髪の
13 13話 34 君、知りたもうことなかれ
14 14話 35 私は宿命的に日陰者である
15 15話 36・37 仮名の告白
16 16話 38 民さんは、いっぱいいっぱいな人だ。
17 17話 39 義姉さん、僕は貴族です。
18 18話 40 見合う前に跳べ
19 19話 41 それだから、逃げるのだ。
ついて来い!フィロストラトス!
20 20話 42 あんまり不安定だから、
わたし空を探しに行ってきましたのよ。
  

巻数 通算 掲載 題名
3集 21 21話 43 きもすぎて悲しみの市
22 22話 44 恥ずかしい本ばかり読んできました
23 23話 45・46 一人の文化人が羅生門の下で
雨やどりをしていた
24 24話 47 生八ツ橋を焼かねばならぬ
25 25話 48 我輩は天下りである仕事はまだない
26 26話 49 ある朝、グレゴールザムザが
目をさますと神輿を担いでいた
27 27話 50 富士に月見草は間違っている
28 28話 51 証明しようと思っていた。今年の正月
29 29話 52 親譲りの無気力で、子供のときから
冬眠ばかりしている。
30 30話 53 今の武蔵野は闇である。
  

巻数 通算 掲載 題名
4集 31 31話 1 青銅のキリステ
32 32話 2・3 11月4日に生まれてすいません。
33 33話 4・5 この一間どうして片してよいものか
34 34話 6 一人より女夫の方が
ええいうことでっしゃろ
35 35話 7 私はその人を常に
残りものと呼んでいた。
36 36話 8 津軽通信教育
37 37話 9 あヽ 無言・・・・・・
38 38話 10 惜しみなくチョコは返す
39 39話 11 二郎物語
40 40話 13 人生は1段のひな壇にも若かない
  

巻数 通算 掲載 題名
5集 41 41話 14 白い虚構
42 42話 15 シミと毒出し
43 43話 16 雪よさらば
44 44話 17 注文は聞かない料理店
45 45話 18 身のたけくらべ
46 46話 19 ベタ・セクシャリス
47 47話 夢無し芳一の
48 48話 21/22 ヨボー家の人々
49 49話 23 暗夜号路
50 50話 25 新しくない人よ、目覚めよ
  

巻数 通算 掲載 題名
6集 51 51話 26 波に乗ってくるポロロッカ
52 52話 27 あにいもうと、という前提で。
53 53話 28 あれ、不可よ。原作があるじゃないかね
54 54話 29 百万回言われた猫
55 55話 30 なんたる迷惑であることか!
56 56話 31 最早、末期を告げねばならぬ
57 57話 32 ゼロの特典
58 58話 33 限りなく惨敗に近いブルー
59 59話 34 世界の中心で愛を避ける
60 60話 35 銀の時差
  

巻数 通算 掲載 題名
7集 61 61話 36・37 縁のある阿呆の一生
62 62話 38 不便百景
63 63話 39 蟹優先
64 64話 40 ツルムの小心
65 65話 42 半分捕物帳
66 66話 43 二束三文オペラ
67 67話 44 誰がために金はある
68 68話 45 文化系図
69 69話 46 バラバラの名前
70 70話 47 原型の盾
  

巻数 通算 掲載 題名
8集 71 71話 48 義務と兵隊
72 72話 49 数と共に去りぬ
73 73話 50 七五三四郎
74 74話 52 十七歳ね、
自分のシワをつかんで見たくない?
75 75話 01 風邪の又三郎
76 76話 02、03 天平のいらね
77 77話 4・5 亀の詐欺にて
78 78話 6 或る女役
79 79話 7 碁石を飲んだ赤ちゃん
80 80話 8 狭くない門
  

巻数 通算 掲載 題名
9集 81 81話 9 鎌倉妙本寺解雇
82 82話 10 大チョコもり
83 83話 11 将軍失格
84 84話 12 古事つけ記
85 85話 13 ティファニーで装飾を
86 86話 14 眼鏡子の家
87 87話 16 愛と全勝のファシズム
88 88話 17 山男の四月馬鹿
89 89話 18 『充電ですの。』とヤダちゃんが
小声で言った。
90 90話 19 『さらっと言うな!』と
メロスは、いきり立って反駁した
  

巻数 通算 掲載 題名
10集 91 91話 20 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は3すくみ。
92 92話 20 おめでたきこともなき世をおめでたく
93 93話 23 だから僕は、このごろ毎日、不自然なんだ。
ひどく怒りっぽくなった。
94 94話 24 暴露の実の熟する時
95 95話 25 金閣で焼け太らねばならぬ
96 96話 26 私は日本には帰りません。
そういう決心をできませんでした。
97 97話 27 隠蔽卒
98 98話 28 恩着せの彼方に
99 99話 30 着陸の栄え
100 100話 31 路傍の絵師
  

巻数 通算 掲載 題名
11集 101 101話 32 勝負戦線異状なし
102 102話 33 ジキル博士とシード氏
103 103話 34 晒しが丘
104 104話 35 ドクトル・カホゴ
105 105話 36・37 ライ麦畑で見逃して
106 106話 38 劣化流水
107 107話 39 スパイナップリン
108 108話 40 奥の抜け道
109 109話 41 発禁抄
110 110話 42 風の中で聴け
  

巻数 通算 掲載 題名
12集 111 111話 43 一見の條件
112 112話 44 大導寺信輔の音声
113 113話 45 痴人のアリ
114 114話 47 大人の決行
115 115話 48 ダブルンの市民
116 116話 49 最後の落葉
117 117話 50 がっかりの葡萄
118 118話 51 蘇る勤労
119 119話 52 様々なる一周
120 120話 2・3 聖夜一夜物語
  

巻数 通算 掲載 題名
13集 121 121話 4・5 渡しの個人主義