科楽クイズロゴ

☆大正解☆

では先生、答えお願いします。
 よし、それじゃあ説明しよう。解答は、「全身麻痺が起こり、昏睡状態となる」じゃ。狂犬病とは非常に恐ろしい病気で、感染するとほぼ100%死亡するという感染症なんじゃ。 症状としては、まず始めに発熱・頭痛等の不定症状にはじまり、神経の痙攣・麻痺が起こり、液体が飲めなくなる。最期には液体が飲めないため唾液をダラダラと流し、昏睡状態になって死亡するというのが一般的じゃ。なんとも恐ろしい病気じゃな。
・・・怖いですね。感染源や蘭h法・治療法などはないんですか?
 うむ、それは知っておいた方がよいじゃろうな。日本国内では1950年の狂犬病蘭h法の施行により、一気に感染者は減り、ここ36年間感染者を出しておらんかった。しかし海外では年間4〜6万人が感染しており、特にインドでは年間3万人もの人が狂犬病で死亡しておる。 感染源は主に吸血コウモリや犬・キツネ・アライグマ等で、こういった野生動物に咬まれると発症してしまう。  蘭h法はやはりワクチン接種が一般的じゃ。 それと、野生動物に気軽に触らないというのも、何よりの蘭h法じゃな。昔から家畜や動物は伝染病の原因じゃ。エイズもエボラ出血熱も、SARSも全て動物起源のウィルスで、非常に恐ろしい病気じゃ。 やはり、「触らぬ神にたたりなし」じゃな。  治療法としては、発病してからでは手遅れじゃが、咬まれた直後なら、まだ助かる見込みはある。まずは咬まれた患部を水洗し、迄I後ワクチン接種をすれば、発病を避けられることもある。 しかし、恐ろしい病気じゃから、とにかく危険源には近寄らないのが一番じゃ。  詳しい説明は下記のリンクを参照するとよいぞ。
先生、どうもありがとうございました。
うむ、なんにでも疑問を持つことはよいことじゃ。また来るのじゃぞ。



今回のリンク

源 宣之(岐阜大学農学部 獣医公衆衛生学講座)
FORTH〜海外渡航者のための感染症情報〜

Warning: mysql_close(): 2 is not a valid MySQL-Link resource in /home/yutoriweb/www/hp/quiz/ans.php on line 351