科楽クイズロゴ

☆大正解☆

では先生、答えお願いします。
 よし、それじゃあ説明しよう。解答は、『緑には心を落ち着ける作用があり、目も休養される』からじゃ。  カラー心理学(そんなものもあるんじゃな!)によると、 『緑:優しく穏やかな気持ちで、何事も平和に解決できる安定した状態です。同時に悩み事の相談にのってあげたり、助けてあげた時には心から感謝してもらいたい、という心の充足感が欲しい時でもあります。睡眠不足など少し身体が疲れている時も、緑がが気になることもあるので、疲れを感じたらゆっくり休養をとりましょう。』 『青:とても理性的で、自分の感情をうまくコントロールできる時。心身の疲れも少なく、安らいだ状態に近いかもしれません。でもあまり理性的になり過ぎると、本音を正直に言えなかったり、理屈の通らないことは許せなかったり…それでストレスが溜まりそうになったら、少し赤やオレンジで気持ちを和らげて。』 だそうじゃ。よって、全身の緊張が緩むため、目のストレスも緩和されるようじゃ。  ちなみに、遠くを見るのがよいのは、普段近くばかり見ていると目のピントが固定されてしまい、近視が進行してしまうからなのじゃ。そこで遠くを眺めると、近くに固定されてしまったピントが緩み、目の疲労が緩和されるので、遠くを見ることはよいことなのじゃ。
なるほど、そういうことだったんですか。ところで、悪くなってしまった視力をよくするにはどうすればいいのですか?
 そうじゃな、一番手っ取り早いのが視力矯正手術を受けたり、目を休めたり、ブルーベリーを食べたりといろいろあるじゃろうな。  詳しい解説は下記リンクじゃ。
先生、どうもありがとうございました。
うむ、なんにでも疑問を持つことはよいことじゃ。また来るのじゃぞ。



今回のリンク

カラー心理学
Ocular.net-近視の進行防止と治療について-

Warning: mysql_close(): 2 is not a valid MySQL-Link resource in /home/yutoriweb/www/hp/quiz/ans.php on line 351