2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

<カルド復興会ルール提唱の動機>
 
「カルドセプトというゲームで大量に用意されている
クリーチャーカードをもっと使えるようにしたい♪」
 
<カルド復興会ルールが求める環境>
 

このゲームでは、クリーチャーカードが数え切れないほど存在し、しかもカードゲームとして見てみても、実にバランスがとれています(ごくわずかの例外はありますが)。そして、これらのクリーチャーカードに記載されている特殊能力も実にバラエティに富んでいて、面白いものが多数存在します。これらのカードがゲームの提供している環境によってスペルの援護用にしか使用されないと言うのは、実にもったいないと思い、これらのカードをちょっと遊びで使用することができる環境を整えてみたい、というのがカルド復興会を起こすことの発端でした。

クリーチャーカードを選ぶ楽しみがある環境というのは、すなわちクリーチャーカードの能力が生かせる環境であり、つまりは白熱したクリーチャー同士の戦闘が楽しめる環境であろうと我々は考えました。また、戦闘が楽しく行える環境が整えば、アイテムカードも色々使用する楽しみが生まれるのではないか、とも考えました。

カルドセプトに用意されている侵略用アイテムは、直接攻撃系統と、貫通攻撃系統、そして相手の武器破壊系統の3種類が用意されており、この3種類が用意されていることはカルドセプトの戦闘をより一層面白みのあるものにしてくれています。

ただ、この3種類のうち2種類を防いでしまうアイテムがあったり、そもそも通常ルール内では侵略戦闘でアイテムを使用する必要などほとんどなかったりするために、アイテム選択は非常におざなりになっていると言わざるを得ません。制限なし環境で、勝てば天国、負ければ地獄と言った戦闘で、相手の使用してくる武器は直接攻撃系統か、それとも貫通攻撃系統か、などというギャンブル的読み合いで悩むことはまずありません。ですから、我々としてはこの様な鉄火場の戦闘(破滅を賭けた戦闘)が起こりうる様な環境を提示してみたい、という思いもありました。

つまり、我々の提示したい環境は、まとめると下のようになります。

「制限なし環境下ではおざなりにされがちなクリーチャーやアイテム
 にスポットを当て、スペル中心の環境で味わえる楽しみとは又違っ
 た、別の楽しみを味わえる環境」


このような環境を実現するために製作された環境が、「カルド復興会ルール」と名づけられたルールです。カルドセプトは、ブックに投入できるカードを様々な条件で制限することによりルールを製作することができるようになっています。皆様もぜひ、ルールを製作して面白いカルドセプト環境を作ってみて下さい。とっても楽しいですよ!
カルド復興会ルールへ進む
カルドセプトへ戻る