2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

 

ライトノベル検索

           作品名 : 
           作者名 : 
イラストレータ名 : 
                                   
扉の外

扉の外

  • 土橋真二郎
  • 白身魚
  • 電撃文庫 WEB

夜に向かって何を叫ぶ?

修学旅行に行くはずだった高校生・千葉紀之が目を覚ましたとき、
そこは密室で、しかもクラス全員が同じ場所に閉じこめられていた。
訳もわからず呆然とする一行の前に、“人工知能ソフィア” を名乗る存在が現れる。
ソフィアに示される絶対の “ルール”。
だが、紀之は瞬間的な嫌悪感から、ソフィアからの庇護と呪縛を拒否してしまう。
紀之以外のクラスメイトは全員そのルールを受け入れ、
ルールが支配する奇妙な日常がはじまった。
孤立した紀之はやがてひとつの決心をするが……。
 あらすじは電撃文庫hpから引用

夜空に向かって叫びたくなったことは、ありますか?
心の奥に凝った何かを、冴えた夜風に乗せて吹き散らそうと。
私はあります。
けれどもホントに叫んだことはありません。
叫ぶまねごとまでして、それでも、声は出ませんでした。
人目があると恥ずかしいですもんね。
そんな人はこの本を読むといいでしょう。
きっと、その何かを、浚っていってくれるはず。

男の子が中央にいるいまどき珍しい表紙です。
華やかでもなく、どこか屈折した、まあ本文もその通り。
ぐつぐつ煮詰まった感じが面白い。
この本には4人の女の子が登場します。
誰がヒロインでもおかしくない。
そんなギャルゲーっぽさも有るのですが、最後に一人に絞られます。
何故「彼女」がヒロインなのか、考えてしまいます。

十色 ★★★☆☆