2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 

ライトノベル検索

           作品名 : 
           作者名 : 
イラストレータ名 : 
                                   
幽霊列車とこんぺい糖 メモリー・オブ・リガヤ

幽霊列車とこんぺい糖 メモリー・オブ・リガヤ

  • 木ノ歌詠 WEB
  • 尾崎弘宜 WEB
  • 富士見ミステリー文庫 WEB

ちりばめられたこんぺい糖


寂れた無人駅のホーム。
こんぺい糖。ひまわり畑
そして、あの廃棄車両。
リガヤという名の、不思議な彼女を連想させる四大要素。
思えばそこから、あたしの夏は始まった――。
(冒頭より引用)


生まれたときから不幸な中学二年生、有賀海幸と芸術家肌の彼女の出会い。
廃線の錆びたレールの上で彼女は海幸に幽霊列車を蘇らせることを約束する。
海幸はそんな彼女に魅入られ、ひと夏付き合う気になってしまったのだ。

少女二人の物語です。
中学二年生と高校三年生、身長差もあわせて結構凸凹なコンビ。
男の入る隙間もなく、お約束に百合風味です。
あとがきによれば『LIGAYA』という言葉からこの物語は生まれたのだとか。
タガログ語で「幸せ」というこの言葉に裏打ちされた雰囲気は非常に気に入りました。

この本のレビューを書くのに読み返していると、
あちこち引用したくなる言葉に触れます。
けれどもそんな印象的なフレーズたちは、
無造作にちりばめられたこんぺい糖のようでいて
ここに抜き出してしまうと輝きを失ってしまうような、
そんな気がしています。

鮮やかで儚いイラストもよくはまって、
もはや夏はとうに過ぎてしまいましたが、
そんな季節に遠い夏を思うような、そんな物語です。

十色 ★★★★☆