ゲーム交換日記
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ザ・グレイトガリア (2003/09/28) 文責:薬部

 ロイヤルターフ→競馬マフィアときて最後はザ・グレイト・ガリアです。自分の中ではこの3作は割とツボのゲームなのですが、最近のゲームでブラフゲームの良作となるとこれでしょうね。
 
 このゲームの背骨は、カードを伏せたまま書かれた数字をプロット(宣言)してその宣言した数字の大小を比べるというブラフゲームの基本中の基本みたいなゲームです。しかしカードバランスの妙やのカード補充の妙、色を指定する時の微妙なダイス運があいまって、このゲームに、戦略的な要素となるいい隠し味として加味しているんです。
 
 5色あるカードのうち、指定されている色のカードしか使えないのですがカードの中にはいつでも使えるカードもあるのでそこがゲームの肝なのでしょうね。うまく嘘をつきあなたもガリアチップをもらいましょう。
 
 うそついて誉められるゲーム。スポーツ競技をしているとは思えない親父達の濃さぜひ、目に付いたら買ってください。他のボードゲームと違って飾れないこと請け合いですが(笑

次の日記を読む
一覧に戻る