ゲーム交換日記
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ロイヤルターフ (2003/09/25) 文責:薬部

 ボードゲーム専用ページはやく開くと良いですね(人事のように言うな。俺。開発にばかりかまけて、HP上では引きこもっている僕ですが、まあ他人との距離感がつかめない男なのですまん。いなおり
 
 では自虐トークはこの辺にして今日紹介するゲームは競馬ゲームロイヤルターフです。自分のかけた馬を勝たせるようにうまく操作して行く競馬ゲームという競馬ファンから見たら変な感じのするゲームですね。でも純粋にゲームとしてみれば、手順の妙がさえわたるいいブラフゲームです。このゲームは、ヴァリエーションルールでやるとかなり面白いブラフゲームとなんですよ。
 
 ゲームの中心であるレースはプレーヤーがサイコロを振って出たマーク(馬、帽子、鞍、蹄鉄)をどれか1頭の馬に割りふるのを順番に行うことで進みます。 一度サイコロを割り振られた馬は、全ての馬にサイコロが割り振られるまで進めないとルールがあるので動けるときはより前に進みたいというのがあります。詳しく説明すると馬にはマークによって得て不得手があるので、自分の賭けている馬には得意なマークを、賭けていない馬には不利なマークを割り振りたいと思うのですね。 身内でやると先に敵の妨害をする傾向にあるようですが(笑)掛け金には「0」もあるので(伏せられているので他のプレイヤーには分からない)ここでブラフゲームとして成り立っているわけです。
 
 またレース前半部分にも意味がある(中間トップにも賞金が出る)ので、ブラフゲームとしては自由度が多少損なわれていますが、其処で情報を集めて後半を推理するという感じですかな。

 次にくるであろうゲームと共にぜひ目にとまることがあればやってみてください。さりげなく姑獲鳥にゲームを指定する僕でした。

次の日記を読む
一覧に戻る