ゲーム交換日記
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Jリーグプロサッカー クラブを作ろう!3 (2003/09/12) 文責:ウブメ

>白詰草話
 なるほど、18禁ゲームも色々進化しているのですね。18禁ゲームって女の子のグラフィックに選択肢をつけて、ゲームと言い張っているのだろう……などという思い込みは、改めねばならないのかもしれませんね。なんせ私は、プレイヤーに楽しみを与える方法を考える時に、ちょっとしたストーリーと女の子のグラフィックを見せるだけでいいだろ、という思考に陥っているのが18禁ゲームというジャンルだと思っていましたから。
 
 さて、次回からはボードゲーム紹介が続きそうなので、今日はデジタルゲーム紹介をしておきましょう。というわけで、今回は「Jリーグプロサッカークラブをつくろう!3」・・・つまり、「サカつく3」(PS2)の紹介をします。
 
 といってもわざわざここでゲーム内容を紹介しなきゃいけないほどのマイナーゲームでもありませんよね。言わずと知れたサッカークラブ育成ゲームの最大手シリーズ最新作です。なので、内容紹介は飛ばして、大雑把な感想をざっと言わせて貰います。
 
 とりあえず私にとっては、何となく理由も無く続けたくなるゲームでした。サッカーのことはまるで知らない私でも、何か方針を適当に立てて邁進すれば、徐々に結果が返ってくるように作られている気がします。ここら辺のバランスは個人的には絶妙でいい感じです。すぐに結果が返ってくるようだと止めてしまうかもしれないから、ゲームテンポが悪いのもある意味狙い通りなのかもしれないな、と思ったり。まぁ時間が有り余っている私のような人間だからこその感想だという奄烽りますが……
 
 というわけで、基本的に好印象なゲームですが、基本的なシステム面がシリーズ3作目だというのに改善されていない所があるなど、基本的な不満点があることも確かです。サッカークラブを作る、という方面の練り込みはかなりのモノがあると思いますが、ゲームをプレイさせる、という方面の練り込みが足りなくて損しているなぁ、というのが全体的な印象です。
 
 で、個人的な印象としては大きな疑問点として、「選手の不満の解消3択」があります。このゲームでは各選手を何らかの不満を感じる環境においておくと、不満ゲージが溜まっていき、ある一定量に達すると、プレイヤーの方でその不満を解消するために選手と話し合うことができる、というシステムなのですが、この話し合いというのが3択なのです。
 
 で、選手にあった選択肢を選ぶとその選手の不満が解消される、というシステムなのですが、このシステムが個人的にはかなり疑問です。というのは、このシステムの部分だけプレイヤーの行動に対する結果が即返ってくるから。他の部分は徐々に結果が返ってくるように作られているゲームなのに、ここだけ速攻で結果が返ってくるので、何か違和感を感じるのですね。話し合いでは、選手が何に対して不満点を持っているかが分かる、程度で良い気がするのですけど、どうでしょう?(……ってサカつくシリーズをプレイした事の無いCT氏と薬部氏に聞いても分からないよなぁ(笑))
 
PS.今後ボードゲーム紹介が続きそうですし、もうすぐ正式にアップされるであろうボードゲームコンテンツをこの日記を見ている稀有な人にのみ公浮オておきます♪といってもほとんどコンテンツ概要だけ分かる程度にしかリンク唐チていませんけどね(汗)今はこちらに移転しました

次の日記を読む
一覧に戻る