ゲーム交換日記
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
ファイナルファンタジークリスタルクロニクル (2008/03/30) 文責:ウブメ

 薬部さん、パリス・パリスの紹介文どもです〜♪確かにこういう視点の紹介文もありですね。こういうのもゲームの内容を冷静に分析している文章、と異なると言う意味で私の言う「熱烈な紹介文」に当てはまりそうですね。近日中にはアナログゲームのコンテンツをアップしますから、これからはこのような紹介文はそこで公開してきましょう♪
 
 というわけで、今日はひっさびさにデジタルゲームに戻ってファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル(GC)のプレイ感想です♪このゲームは4人まで協力プレイ可狽ネアクション・RPGで、数々のダンジョンに潜ってボスを倒す事が目的です。ファンタジーの世界を4人で協力して冒険するという内容は個人的にとても惹かれるものがあり、このようなゲームはブレイズアンドブレイドシリーズ以来ということでとても楽しめました。
 
 役割分担がおのずと出来上がるように用意されているシステムをはじめ、タイミングを合わせることにより発動する強力な協力攻撃など、多人数プレイしている時にお互い声を掛け合う事が自然と行われるような工夫にとても好感が持てました。多人数プレイできる環境にある人には非常にお勧めしたいゲームですね♪ただし、多人数プレイするには人数分のGBSPが必要なので、初期投資額は高めですが……
 
 不満点としては、4人が1つのキャラバンを組んでいると言う設定にも関らず、個人個人でアイテムやお金を管理しているので、キャラバンと言うよりもむしろ傭兵団といった雰囲気になってしまっているところですね。
 
 でも、多人数で協力することの面白さを抽出するためのツールとして、デジタルゲームはこんなにも機狽キるんだよ、ということを証明したファイナルファンタジー・クリスタルクロニクルに拍手を♪

次の日記を読む
一覧に戻る