ゲーム交換日記
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
仙窟活龍大戦カオスシード (2003/03/28) 文責:ウブメ

>薬部氏
 レジスタ、ルールまで送ってきたということは買え!ということですね?(笑)ともかく、日本産のアナログゲームというだけでも評価高いですよね。日本からこういうオリジナルボードゲームが発売されることは嬉しい限りです♪日本産のオリジナルアナログゲームを製作発売することこそが、日本のアナログゲームを業界を本質的に牽引することになりますからね。
 
 さーて、今日は私も脈絡なく日記を書くこととしましょう……というか、今日はセガサターンを衝動買いしたので、その報告と言うことで(笑)なぜ衝動買いしたかというと、たまたま「仙窟活龍大戦カオスシード」(SS)の新品(おまけCD付き)!を見つけたからなのです。
 
 この仙窟活龍大戦カオスシードは、一般向け作品ではなく、マニア向け作品として知られているようなのですが、一般向けに非常に丁寧に作り込まれた作品だと思います。複雑なゲームシステムなのにプレイヤーは自然に上手くプレイできるように作られています。
 
 で、どんなゲームなのかというと、リアルタイムでダンジョンを製作していくゲームです。ただし、ダンジョンを効率良く作るためには、色々なルールを知らなければいけません。そういう意味では、都市育成ゲームのシムシティに似てますね。
 
 ただシムシティと異なるところは、ダンジョンを壊しにやってくる敵を撃退できるとという点でしょうか。リアルタイムでやってくる敵をアクションで撃退しながらダンジョンを掘っていくので、結獄Zしいです。もちろん、ダンジョンを守ってくれる味方も配置できるのですが、彼らがかなり可愛いので(笑)守ってあげたくなくなるのですね。結局主人公をドタバタ走り回らせることになります。
 
 とまぁ、要するにダンジョン作りというシミュレーションゲームをしながら、アクションで敵を撃退するというゲームなのですが、これは面白いですよ。どうして面白いのか、については今からプレイして再確認します、といってこの忙しい時にゲームをプレイする理由を作っておきますか(笑)ゲームデータページで紹介するときにでもその答えを書く事にして、とりあえず今日はここまでということで♪当分私の日記は、SSのゲームャtト紹介が続くかもしれません。

次の日記を読む
一覧に戻る