ゲーム交換日記
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
どれみCGC (2003/03/21) 文責:ウブメ

>はっ、久々に会話がつながっている(爆)。ここで僕がばっさり切っ……いえいえ、なんでもありませんとも
 じゃあ、今回は私が泥をかぶってばっさり切りませう(笑)一応複利リメ[スゲームの話も一段落しましたしね。ただ、最後に一言いっておくと、カタンの開拓者ってそんなにいいゲームだとは私は思ってません。今回の議題でいう「差が新たな差を生み出し、逆転性がない。」という罠にしっかり陥っているような感じがします。まぁやり込みプレイで研究しまくったから、ゲームに仕掛けられている誤魔化しが通用しなくなっているせいなのかもしれませんが。
 
 さて、気分一新、今日紹介するゲームはおジャ魔どれみカードゲームコレクション。今日とある先輩に紹介されたのですが、うーん、これはいいですねぇ。TCGは外れが多くて、手を出すのが難しいのですが、これはお勧めできます。
 
 このゲームの面白いところは、毎ターン手番が来るたびに、山札から5枚のカードを裏向きのままプールしておき、これを1枚山札に戻すたびに1アクション取れ、残ったカードは手札に加えても良いというルールにあると思います。例えば、3行動したら、3枚山札に戻る。そして残り2枚を手札に加えることができる。というわけです。
 
 つまり行動しなければしないほど、手札の補充が楽になる、というわけですね。又、あえて手札に加えずに残しておけば、相手のターンに妨害行動を行うためのコストとなります。つまり、たくさんアクションすればするほど手札が辛くなる、ということによりゲームバランスを取っているわけです。
 
 これは結獄ハ白いアイディアだと思いました。単純で分かりやすいところもポイント高いな、と。ゲームバランス自体は高次元(上級者同士の対戦)でも破綻していませんし、色々なコンセプトのデッキも穀zできるカードが揃っています。
 
 そういうわけで、機会があればぜひ遊んでみることをお勧めしますよ〜薬部氏もCT氏も、この頃新しいTCGに手を出してないんじゃありませんか?

次の日記を読む
一覧に戻る