ゲーム交換日記
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
マーメイドレイン (2003/02/24) 文責:薬部

 まずはレスから。僕もVirtual-ON Forceのような多画面ゲームはこれからのオンラインゲーム時代のキーワードになってほしいです。VO4は僕も好きで同じようなゲームの中でもガンダムも面白いですけど単純にゲームとしてみたらVO4のほうが面白いと思います。まあ僕はガンダム大好き人間なので、あっちのほう(ガンダムね)をよくやってましたが(笑
 
 今日は僕のほうに最近やってるゲームが少ないので、今日はマーメイドレインのお話をしたいと思います。このゲームは純国産のボードゲームでグループSNEの刈谷さんという方が作ったものです。マーメイドたちが王子様の愛をかけて、人間になるためのに必要な宝をめぐり血で血を洗う戦いを繰り広げるゲームなのですが(一部違うw)まあさっと楽しめてそこそこおもしろい良いゲームだと思います。ルール説明が簡単ですみ、なおかつあまり大差がつかないゲームなのでボードゲーム初心者に特にお勧めできるよいゲームではないでしょうか。
 
 ルールを簡単に説明しますね。マーメイドたち(プレイヤーたち)は得点の主なメ[スとなる5種類の宝を集めるために島めぐりをするのですが、その移動に使う動物カードに2種類使い道があります。島と島を結ぶ航路を決定するのに使われるタイルのセリと実際に移動するときの代償です。島と島の移動には航路のタイルとそれに対応した動物カードが必要になるのでセリも結国蜷リです。セリ自身はポーカーのようにおこなわれるのですぐ理解できると思います。ポーカーと違って役には単純な優劣だけでなく色々な効果がありそれを狙うことも重要な要素になると思います。特に人数が多いとそれが顕著に出るのではないかと思いますね。逆に少ないとセリがだらけますが…。
 
 そうやって「移動タイルのセリ」「タイルの配置と移動」を5ラウンドやって最後に各宝物ごとに順位賞があり得点になるといった具合です。 まあ若干、ゲーマーには盤面をきびしめにしたほうがセリと移動の悩みが増し、盛り上がれると思いますが、そこはそこボードゲームですから勝手にバランス調整しましょう。説明書に様様な配置が懇切丁寧に例として上がってるのがこのゲームの良い評価点だと思います。バランス調整がプレイヤーが簡単にできるというのはボードゲームのささやかながらの利点ですしね。新しい話題は姑獲鳥氏に期待しますか…

次の日記を読む
一覧に戻る