ゲーム交換日記
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Titan the Arina (2002/10/23) 文責:CT

 このTitan the Arenaも、推理と読み合いの要素が大きいゲームですね。プレイヤーは闘技場で戦うTitanやDragon、Trollといったモンスターに賭け、平行して戦いに介入するのですが、最も大きい配当は最初に非公開で賭けられるSecret Betによって得られます。いかにこのSecret Betのモンスターを生き延びさせるか、いかに他のプレイヤーのSecret Betを卵ェして殺すか……基本的な国「はアンダーカバー2に近いでしょうか?
 
 各モンスターは、「それに賭けている金額が最も多いプレイヤー」が使用できる特殊迫ヘを持っているのですが、これがいい感じに激しいのが面白いですね。強い特殊迫ヘを持ったモンスターは序盤から標的になりやすく、逆に弱いモンスターは狙われにくい代わりにいざ狙われた時に身を守る術を持たない……といったシンプルな影響に加え、各迫ヘの癖が非常に強いせいで同じメンバーで遊んでいると好き嫌いがはっきりと出てきたりします(笑)。気がつけばDragonを確保している人とか、どうしてもWizardから離れられない人(僕)とか。
 
 個人的にひとつ難点を挙げるとすれば、Secret Betの結果が常にオールオアナッシングであることですね。ギャンブルの雰囲気を再現するためには必要なのでしょうがこれのせいで理不尽な負けを喫することも多く、ある程度納得の行く勝敗を出すには複数回の総合順位をつける必要があるため、プレイ時間は少々長くなります。
 
 ちなみに私は推理や読み合いが多くを占めるゲームは基本的に非常に苦手です。どうも思考が単調になりがちなようで丁度一枚裏をかかれ続けるという展開が多く、例えば僕と姑獲鳥氏ともう1人で3人ナインを遊んだ時なんかは、100回やって100回負けられる空気が出来上がってました(笑)。 しかし下手の横好きというやつで、この手のゲームは大好きです。限定ジャンケンなんかもやってみたいですね〜(笑)。

次の日記を読む
一覧に戻る