ゲーム交換日記
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
DVONN(デュポン) (2002/10/09) 文責:ウブメ

 むぅ、確かにアバロンはあまり(というか、全然?w)流行ってませんね〜ある程度やり込まないとその定石や面白さが分からないゲームというのは、そこに辿り着くまでに挫折して止めてしまう人が多いですからね。これはアブストラクトゲームの宿命のようなものかもしれませんが、実際アブストラクトゲームは有名どころである将棋、囲碁、チェス、リバーシ(オセロ)などの他にも薬部氏の紹介しているアバロンをはじめ、色々良いゲームがあるのでもっと流行って欲しいものですよね。
 
 私は個人的に、余りにも多くの人が関ってきたためにある程度定石が解析されているようなメジャーどころのアブストラクトゲームよりも、こういうまだあまり解析されていないアブストラクトゲームで定石を見つけ出していく、或いは定石と思っていたものが変化していく、という楽しみを味わうのが好きなのですが、中々同好の士はいないものです。ってまぁこの交換日記を書いているCTとか薬部とかいる事はいるのですが、中々会えませんものね(笑)
 
 というわけで、同好の士を周囲に増やすためにも、今日はアブストラクトゲームを紹介しようと思います♪その名はDVONN(デュボン)。これは20世紀最後のアブストラクトゲームといわれるGIPF(ギプフ)プロジェクトの第4弾に当たる作品なのですが、中々に奥が深く、かつプレイ時間がそれほど掛からない非常に良い作品でお勧めです。
 
 どんなゲームか簡単に紹介すると、白と黒のリング,そしてゲームのキーである赤いDVONNゴマを積み上げながら高さを競うゲームです。そしてルールは手番になると自分のスタック一つを(自分の色のリングが一番上に来ているリングの山一つ)リングの枚数分だけ直線的に移動することができる、というもの。ただし移動時の制約として、移動先にリングがないと移動できない、又周囲六方向全てを他のリングに囲まれていると移動できない、という二つのルールがあります。
 
 第4弾ってことは当然その前に3作品(GIPF(ギプフ)、TAMSK(タムスク)、ZERTZ(ゼヘツ)の3作品があるのですが、私はこのデュボンがアブストラクトゲームの勧めとしては、一番良いと思いますので、是非布教してみて下さい♪
 
注)アブストラクトゲームとは、将棋などのように、運の要素が一切絡まないゲームのことを意味します。麻雀や大富豪などは、運の要素が絡みますから、アブストラクトゲームではありません。

次の日記を読む
一覧に戻る