ゲーム交換日記
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
でじこミュニケーション2 (2004/09/14) 文責:薬部

 娑婆に帰ってきて、アナログゲームのアイデアの整理に明け暮れる薬部です。ウブメからの指定で今日はでじこミュニケーション2(GBA)の紹介です。入院していた時もちょくちょく遊んでいましたがやっぱデジコは微妙にはずいですね。それ以外はいいゲームなのですが・・・・
 
 まあそんなことはさておき、このでじこミュニケーション2(GBA)の紹介に入りましょう。このゲームは「1」が割に正統派の経営シミュレーションを簡単に楽しく遊べるようにしていたのに対して、この「2」は、まず見た目からして違います、「2」はカードゲームなのです。自分で自分の使うカードの山札を作るタイプのゲームなのです。カードゲームファンが大好きなアレです。
 
 それだけでは、適当にトレカを売るためだけにデジタルゲームでもカードゲーム作ろうかなあみたいな適当に作っただけのゲームがよくある昨今なので期待してなかったのです。が、びっくりしたことに根幹のシステムは割とちゃんとしたシステムなのです。システム自体を説明するには図や絵が必要なので諦めますが、なかなかどうして良いできなのです。見直しました。
 
 まあこのゲーム実際のゲームバランスとかは割とカードのテキストに左右されるので(いい意味で)ハチャメチャな物も多く、渋いイメージもなく気軽に笑って楽しめるゲームです。1ゲームの時間が短いゲームだとこういうバランスが良いのだなあと感心させられます。対人戦は阿鼻叫喚だと思われますがw
 
 ただ「1」と「2」を比べろというと、一応「2」のほうが敷居が少々高いかなあという気もします。実際「1」の方が完全にクリアー(神様店長)しようと思えば難しいのですが、ルール自体は簡単で結果もすぐにこっちに返ってくるので遊びやすいと思います。「2」は自分の使用するカードを選んで自分の「山札」を作るという、TCG(トレーディングカードゲーム)の要素があるので、これに慣れてない人にとってはどうなのかなと少々不安に思います。
 
 このゲームもカルドセプトと同じように段々複雑なカードが出てくるようになっていて、ゲームをやっていくうちに慣れていくような作りにはなっているのですが、慣れている人間からすると慣れていない人がどんなもんなのか気になります。
 
 もう1つゲームをつくってる人間として尊敬する点がこのゲームにはあります。経営シミュレーションのゲーム性の着眼点を前作と変えてきたところです。
 
 前作の「1」は客の好みを推理したり、商品の在庫管理をうまくこなすゲームだったのですが、「2」は、他店との競争、経営戦略(山札の作成等々)の部分と経営戦術(手札のカードをどう使うか)という、前作の「1」で焦点を当てていた客の嗜好や商品の管理を無視してゲームを成り立たせています。つまり経営シミュレーションのどこの部分に焦点を当てるかを、「1」と「2」で変えているわけです。
 
 ちょっと話が逸れるようですが、フライトシミュレーター等の、「実際にあるものに乗る」系のシミュレーションは、逆に現実の要素を全て詰め込むことで面白さになります。全ての要素を余すことなく詰め込みリアルを追求すればいいわけです。
 
 しかし、より概念的なシステムを理解しよう。もしくは味わおうという場合。簡単に言うと、体で感じるシミュレーションでなく頭で理解するシミュレーションの場合、複雑に絡み合った要素の中から今回の思考の対象の要素をしぼってシミュレーションした方がわかりやすく面白いということなんですね。要は理科の実験でほとんど同じ条件で1つだけ条件をかえて実験するアレです。
 
  こういう視点の変え方と集中は、僕も良くボードゲームとかで見る手法ですし、自分自身こういう風にしてゲームを大量生産していこうと常々考えていますからこの課題をクリアーできているゲームに出会うと単純に尊敬できます。この手法で同じジャンルに見せて切り口をたくさん変えてゲームを出して行ければ、アイデアがなくなった瞬間生存価値を失いそうなゲームデザイナーという職種の人間でも寿命を延ばせるなあとしみじみ考えたりしますw。
 
 こうやって誉めるべき点はたくさんある、良いゲームなのです、他にもシナリヲ(掛け合い)が笑えるとか、何周かさせるシナリヲ国「とかいっぱい誉めるべき点はあります。しかしでじこです。普通のゲーマーが手にしない可柏ォは助ェにあります。はずいですし、やはり世の中レットイットビーとは行かないものですね。

次の日記を読む
一覧に戻る