ゲーム交換日記
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
モンスターゲート (2002/10/06) 文責:CT

 姑獲鳥氏からPSOのバグとその対応に関しては一通り聞かせていただきました。なんというか痛々しい話ですね(汗)。
 
 レアアイテムはゲームの寿命を延ばしているか否か、ですが……基本的には延ばしているでしょう。いわゆるコレクタータイプのプレイヤーは私の周りにも複数名いますが、やはりそういう方向で射幸心を煽られると燃えるようです。もちろんその入手課程でもちゃんとゲームになっていること=単調作業になっていないことが最低条件ですが。
 
 しかしコレクターのための要素だったら勲章やら称号でいいのでは……と私も一瞬考えましたが、今度はコレクターじゃないプレイヤーのためにアイテムである必要があるんでしょうね。入手することだけを目的としないプレイヤーにとっては、難題を乗り越えた先にあるものにはその後の攻略に役に立って欲しいですから。名前だけ残るものではちょっと……って感じですね。
 
 もちろん今回のPSOみたいな事件は論外ですが、これはPSOタイプのシステムとの相性の悪さを感じる所です。本来ネットゲームで「公正な競い合い」をするためには個々人の手元にデータを置かせてはいけないはずですからね。この形態のゲームだったら確かにレアアイテムよりもレアな勲章や称号の方が相性がいいというのは同意いたします。
 
 で、モンスターゲート(AC)です。なにが「で、」なのか自分でも良く分かっておりませんが(笑)。射幸心を煽るゲーム、といったらメダルゲーム初のRPG(?)であるこれが浮かんだです。基本は不思議なダンジョンで、アイテムが全て使い捨てである事が大きな特徴でしょうか。ポーションも攻撃スペルも、指輪も剣盾であろうとも全て一回or一ダンジョン使い捨て。とんでもない強さ、とんでもなく低い入手確率のレアアイテムは存在しますが、使い捨てであるがゆえにそれが原因でゲームバランスが崩れることはありません。観賞用に取っておくも良し、一ダンジョンを派手に切り抜けるも良し。レアアイテムの位置付けとしては、比較的良い所に収まっていると思います。
 
 このゲームの現状における最大の敵は「メダルゲームである」という制約で、「期待値で儲からせてはいけない」という枷があまりに重く色んなものを阻害してる感がありますね。どうしても「RPGはプレイした分積み重なるもの」というプレイヤーの認識との差を埋めることが難しく、それが新規参入の門を狭くしていたり。それでも1より2、2より3の方がゲームバランスは取れてきているので、今後に期待です。

次の日記を読む
一覧に戻る