ゲーム交換日記
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
モレール (2004/04/05) 文責:薬部

 どうも、ゲームマーケットの準備やゲームマーケットで殺されかけて、交換日記おろそかにしていた薬部です。(哀殺
 
 剣神ドラゴンクエストはいいですよね。原始的な楽しみを、デジタルでドンドンやられるとアナログの方では、どうしようかなあという気もします。まあ絶対多人数でするという弱みを長所に変えないとダメでしょうからコミュニケーションゲームをたくさん作らないといけないのでしょうね。僕は苦手ですが。ただ魔女裁判での投票とか変なギミックはドンドン取り入れていきたいです。落Zの許す限り。
 
 今日紹介するゲームは同人ゲームモレール(アナログゲーム)です。熱血紹介文で紹介するのもアレかなあと思ったので結局こちらで、このゲーム人類の尊厳をかけた戦いを行うゲームです。かなり殺伐とします。(冗談です。
 
 ルールブックゲームの背景より引用
 
     帰宅途中。だんだんお腹の具合が悪くなり、トイレに行きたくなってきます。
     しかし途中にトイレなどありません。

 
 という出だしで始まるこのゲーム、そうこのゲームはトイレを我慢するゲームなのです。馬鹿だ。参りましたそれだけでこのゲームを作った人に、小学生人気では勝てません。このゲームの評価すべき点はこのおかしな設定だけではありません。
 
     1・カウントアップ系のゲームでチェックポイントを要所要所に入れた点。
     2・ダメージがだんだん増えていくことによって力を入れる部分(緩急)がはっきりした点。
     3・『ごめんぶつかっちゃった』のカードの存在。
 
 この3点が評価できます。
 1、緊張感が持続される点、バースト直前まで上昇カードによるスピードアップだけに頼らない点が評価できます。もちろんこのゲームにも直前まで上昇するカードもあるのですが、展開の多様性ですね。
 2、ダメージがチェックポイントで違うため、にどこでがんばって、どこでがんばらないかがはっきりしてよいです。わかりやすい。
 3、このカードは、詳しくはかけませんが多分このゲームの肝なんでしょうね。もっと枚数を増やして欲しいです。
 
 まあこのように評価高いのですが、少しだけお奨めできない点が、手番中にダイスを使うのはどうかなあと思いました。ゲーム終了時のイベントは馬鹿っぽくて良く、「まさにそうそうアルアル、そのシチュエーション」でよいのですがカードプレイ中にサイコロを使うのは最悪ですね。バースト系の命はテンポだと思うのです。ですので、カードを持っている手でさらにダイスを取り投げるというのはちょっときつい。
 
 ゲーム終了時はカードを皆さん手に持っていない(手札が0という意味でなく、机においても問題ないという意味です。)のでかまわないのですが、計4枚入っているカードの効果にダイスが含まれるものはちょっとまずいと思いました。止めた方が良かったと思います。
 
 僕はこのバースト系にはバランスなんていらない、演出命で作るべきだと思っているのでこのゲーム評価は高いです。ネタはアレですが、それをうまく活かしていると思います。最後のイベント含めて、それだけにダイスを使った場面でのテンポのずれが悔やまれる作品です。まあ抜いてやればいいのですが(マテ

次の日記を読む
一覧に戻る